2014年06月21日

キリがない。

■■■ ノバルティス ■■■

●弊社の元社員逮捕につきまして
    ↓
http://www.novartis.co.jp/valsartan/s/20140611.html

●有害事象報告に関する社内調査について
    ↓
http://www.novartis.co.jp/aer/20140609.html




■■■ 武田薬品 ■■■

●高血圧症治療剤の臨床研究(CASE-J試験)に関する第三者機関による調査結果についてのお知らせ
    ↓
http://www.takeda.co.jp/information/20140620.html





■■■ 協和発酵キリン ■■■

●弊社社員の医師主導臨床研究への関与について
    ↓
http://www.kyowa-kirin.co.jp/news_releases/2014/pdf/20140516_01.pdf




■■■ サイトサポート・インスティテュート ■■■

●「専門家調査委員会調査報告書」と当社の対応策について
    ↓
http://www.j-smo.com/wp/wp-content/uploads/2014/02/20131220113414_1.pdf



■■■ 理化学研究所 ■■■

●研究論文(STAP細胞)に関する情報等について
    ↓
http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140327_1/




●科学における不正行為
    ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E8%A1%8C%E7%82%BA


科学における不正行為としては、実験のデータの改竄(かいざん)や捏造(ねつぞう)、他人の論文の剽窃(ひょうせつ)、他の科学者のアイディアの盗用、実験データを記録した媒体(USBメモリ、CD-Rなど)の窃盗およびコピー、ギフトオーサーシップなどがある。


ランセット誌の "Handling of Scientific Misconduct in Scandinavian countries" では以下のように簡単に定義している(1999年のCOPEリポートでも再掲載されている)

デンマークの定義:科学者の故意もしくは重大な過失による、虚偽の科学的メッセージ、偽の評判、強調。

スウェーデンの定義:虚偽のデータ、文章、仮説、他の研究者による原稿や論文により、研究過程を故意にゆがめること。もしくは、他の方法で、研究過程を故意にゆがめること。



要因

W.ブロードとN.ウェイドが著した 『背信の科学者たち―論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか』には、不正行為が行われる要因・背景・政治力学が多数挙げてある。
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062190958/horaihonoyomu-22/ref=nosim/




詳しく調べてみると、様々な立場にある科学者の様々な思惑が働いている、ということになるようである。

書籍によって挙げる要因は異なっているが、様々な要因の中で、科学の「加熱した競争」が研究者に与える心理的な圧迫は、しばしば挙げられている。

井山・金森の本でも、科学者が不正行為を犯してしまう要因のひとつとして「論文を書くか、さもなくば破滅するか」(publish or perish)と表現される「加熱した競争」を挙げた。

山崎茂明の『科学者の不正行為―捏造・偽造・盗用』でも「publish or perish syndrome」には言及されている。

(今では科学における不正行為の古典的な事件としてもしばしば言及される)1974年にネズミの皮膚にマーカーペンで黒い点を複数描き、皮膚移植が成功したかのように装う事件を起こしたウィリアム・サマーリンも「共同研究における上司からの重圧があった」と陳述していた。




●科学における不正行為とその防止(日本化学会)
   ↓
http://www.chemistry.or.jp/rinri/fusei-boshi.pdf#search='%E7%A7%91%E5%AD%A6+%E4%B8%8D%E6%AD%A3'


●研究に関する不正の告発受付窓口(文部科学省)
   ↓
http://www.mext.go.jp/b_menu/fusei/


●研究者のみなさまへ〜研究活動における不正行為の防止について〜 - 科学技術振興機構
   ↓
http://www.jst.go.jp/researchintegrity/shiryo/pamph_for_researcher.pdf#search='%E7%A7%91%E5%AD%A6+%E4%B8%8D%E6%AD%A3'


●科学における不正行為とその防止について - 日本学術会議
   ↓
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/18youshi/1823.html


●研究活動の不正行為への対応(千葉大学)
   ↓
http://www.chiba-u.ac.jp/general/project/fraud_research/




・・・・・・キリが無い。



posted by ホーライ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。