2014年04月26日

『新薬』の主成分は『信頼』

ここのところ、色んなところで発生している「データねつ造」疑惑で、世間一般の人の科学に対する信頼が低下しつつあります。

製薬業界としても、国民の信頼回復に動いています。

たとえば製薬協から次の通知が出ています。


「製薬企業による臨床研究支援の在り方に関する基本的考え方」
      ↓
http://www.jpma.or.jp/event_media/release/pdf/20140422.pdf



治験では、治験依頼者、治験責任医師等、CRC、被験者のそれぞれが信頼関係を要求されます。

一か所でも信頼関係が崩れたら、治験として成立しません。

モニターの皆さんはCRCの方と信頼関係を構築していますか?

では、信頼関係はどうすれば構築できるでしょうか?

あなたは、どんな人なら信頼しますか?

約束を守る人。

真摯な態度を取る人。

嘘をつかない人。

常識的な行動を取る人。

時間を守る人。

話をよく聞いてくれる人。

どんな人とも誠実に付き合っている人。

・・・・・・など等。


逆に、あなたはCRCの方を信頼していますか?

こちらが信頼していないと相手からも信頼されません。



今、私たち製薬業界は信頼を失いつつあります。

今、私たち製薬業界は『瀬戸際』に立っています。



よくよく考えると、GCPはいくつもの「事件」(ソリブジン事件等)で改定、強化されてきました。

これは『恥』の歴史ではないでしょうか?

「事件」→「法律の強化」→「事件」→「さらなる法律の強化」・・・・・・・・。

まるで、幼稚園です。

そんな業界で働いている僕たち。

他人事と思って働いていませんか?

恐ろしいことに、それは決して、『他人事』ではありません。

私たちの足元が、今、まさに崩れかけているのです。

私たちは、それを食い止める努力が必要です(それも相当な)。

首まで泥沼にはまり込む前に。


規制当局の人たちは私たちを信頼して新薬の製造販売申請のデータを見ます。

患者は医師を、CRCを信頼して治験に参加します。

その根本的な信頼関係が、今、崩壊しつつあります。


『新薬』の主成分は『信頼』です。

お互いを攻め合っている場合ではありません。


私はあなたを全面的に信頼しています。



posted by ホーライ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 製薬業界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395577094

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。