2014年01月25日

「本当のこと」は分からないけれど

母が脳梗塞に倒れて「要介護」状態になって初めて、「介護」にまつわる問題が分かる。

今週の「ホーライ製薬」は「小児の治験」がテーマだけど、小児の薬の必要性も、自分の子どもが難病等にならないと本当のところは、実感として分からない。


でも、できるだけ、僕たちは想像力を働かせるべきだ。

小児に対する治験、オーファンドラッグ、ドラッグラグ、介護、認知症・・・・・具体的なことをその状態になったように想像してみる。

そして、その問題を解決すべき、努力する。

問題なのは「考えようとしない」ということだ。

僕たちは薬や医療機器に関わる世界で働いているのだから、そのことを真剣に考えるべきだ。

今すぐに答えが見つからないとしても、「考え続ける」できだ。


本当のことは、自分がその状況に陥らないと真剣に考えないから分からない。

でも、そうだからといって、諦めずに「考える」。


日本の医療の問題。

新薬開発の問題。

他人事ではない。



日本版NIHの骨子が見えてきた。
  ↓
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/


これとて、僕たちは他人事のように思っていないだろうか?

僕たちは「必ず」将来、介護が必要で、薬が必要で、医療機器のお世話になる。

全てを自分自身、家族のことだと思って、考え直してみよう。

そうするだけ、世間から入ってくる情報も違ってくる。

(僕も、この2カ月でなんと、世の中には介護の問題を発信しているニュース、新聞、テレビ、マスコミが多いことか、と気づいた。)




大事なことは諦めずに考えることで、考える続けることだ。



posted by ホーライ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新薬を開発するということ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。