2013年05月03日

お給料、もらった?

新入社員のみんなは、初給料、もらったかな?(もらったよね。)

どうだった?

初めて給料をもらった感想は?

びっくりだよね。 まだ、何もしていないのにお金がもらえるなんて。

でも、まぁ、そう言えるのは(思えるのは)最初の3か月ぐらいで、1年もすると「こんなに働いているのに、この給料!わりにあわない!!」なんて叫んでいるかも。

それはいいとして、どうして、僕たちは給料がもらえるのだろう?

あなたが貰った、そのお金は誰が払っているのだろう?


給料は会社が払っているのだけど、会社はどこから、そのお金を集めているのかな?

製薬会社だと「薬」が売れて、その利益から、あなたの給料が支払われている。

CROやSMOだと、「あなた」という人材を提供して(あなたを通じてサービスを提供して)製薬会社や医療機関からお金をもらっている。

CROやSMOも最終的には「新薬」に繋がるので、やっぱり「薬」が売れて、その利益からあなたに給料が支払われている。


その「薬」は誰が買っているのか(使われているのか)というと患者だ。

患者の苦痛を薬が和らげ、その代価として患者からお金をもらっている。


僕たちの仕事は患者(潜在的な患者も含めると、世の中の全ての人)のためにある。

社会に役立っているからこそ、社会から、その見返りとしてお金をもらっている。

実は、世の中の仕事というものは全て、そういう性格のものなのだけれど、僕たちの仕事はそれがとても分かりやすい形になっている。


たとえ、あなたが自分の趣味の自動車のローンを支払うボーナスのために働いているつもりでも、一応は、社会のために働いていることになる。

「自分の生活のために働いている」と思っても正解だし、「社会のために働いている」と思っても正解だし、「患者の苦痛を救うために働いている」と思っても正解だ。

「いやいや」働いていても正解だし、「いきいき」働いていても正解だ。

全ての人が「いきいき」働いているわけではないので、心配ない。

あなたのように「いやいや」働いている人もいる。(あるいは、あなたのように「いきいき」働いている人もいるので、それも心配ない。)


でも、ふと、「いったい、自分はなんのために働いているのだろう?」と思う時もある(なんせ、長い人生だからね)。

そんな時は「とりあえず」社会のために、患者のために働いていることを思い出そう。

すると、「きつい」仕事も、少しはやりやすく感じる。


仕事は大変だけど楽しい。

仕事は楽しいけれど大変。

仕事は辛いだけ。


いずれも正解。


で、話は戻るけれど、初めて、お給料を貰って、どう思った?

大事にしようね、その気持ちを。

人生において「初給料」って、一回きりだから。



●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

posted by ホーライ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。