2013年01月12日

20歳になる君に。

君は君が思うままに、好きなように生きていいんだ。

学生の君、浪人中の君、働いている君、働いていない君、何もしてない君、病に伏している君。


なんと呼ばれていようが、構うもんか。

フリーター?

僕も転職ばかりしているので妻から「フリーター」と呼ばれていて「我が家で一番、落ち着きのない子」と呼ばれている。



ヒキコモリ?

全然、問題無い。

僕も会社内で引きこもっているし、土日は自分の部屋に引きこもっている。

今はネットもあるし、スマホもある。

ネット経由でも十分だ。




オチコボレ?

世の中に、何かから落ちこぼれていない人なんていない。

みんな、オチコボレなんだ。




放浪者? 

路上生活者?

ホームレス?

鎖に縛られていない、ということだね。

自分が帰れる場所があってもなくても構わない。

家があるからと言って幸福とは限らない。






地球上では戦争が絶えない。

政治家はころころ変わる。

日本という国は頼りない。

だから、国や政治に頼らないほうがいい。

基本はね、他人は頼りにならない、と思っていたほうがいいよ。

(でも、選挙にはいったほうがいい。自分の希望のためにね。)





やりたいことが見つからない?

実は正直言って、52歳の僕も(もうすぐ53歳になるけれど)、いまだに、自分が何をやりたいのか全然、分かっていないんだ。(ホントに!)

その場、その場の思い付きで生きている。(今までも、そして、これからも、きっと。)




世の中に正解なんて無い。

やりたいことが無くて悩んで、自信が無くて悩んでいても、そのままでいい。

それでいいんだ。

君は今のそのままの君でいいんだ。

他人に迷惑さえかけなければ、何をしてもいいし、何もしなくてもいい。



ありのまままの君で生き続けていい。

自分はかけがえのない唯一の存在なのだから。




元気の時も落ち込んだ時も悩んだ時も、それは君が生きているからだ。

それが生きるということだと思う。


生きることに目的なんてない。(目標はあってもいいけれどね。)

生きることに理由もいらない。




君は生きていていいんだ。

頑張ってもいいし、頑張らなくてもいい。

いじめられたら、すぐに逃げればいい。


この人生や社会なんてしょせん碌(ろく)でもないものなんだ。

だから、ちょっとでも自分の思っていることが叶えられたら、それはもう僥倖(ぎょうこう)と言っていい。




20歳になる君に。

君は君が思うままに、好きなように生きていいんだ。


posted by ホーライ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312814891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。