2011年10月28日

その答えはどこにある?

今日の本文に入る前に、僕が社内でやっている英語の教材と参考メルマガと使い方を紹介しておきます。



●●● 英語の研修で使っている教材 ●●●


●初心者用英会話

■ネイティブにきちんと伝わるビジネス英語 会話編
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901429590/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3do4cbs




■速効ビジネス英語ディスカッション編
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757411871/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3l8ou36




■今日から使えるビジネス英会話
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872346939/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   在庫無し





●中級者用〜上級者用


■場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860640101/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/4xfk75c




■実践ビジネス英語(NHKラジオテキスト)
CDとテキストを必ず一緒に買うこと

●テキスト(2011年11月号)

(アマゾン)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005Y18NYK /horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天) http://tinyurl.com/3w27qur


●CD

(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4143241765/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)  在庫無し





■はじめての英語プレゼンテーション
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789011216/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3gp3av7




●eメール用


■ビジネス Quick English <メール>
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789013200/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3j4eb2a



■絶対に使える英文eメール作成術
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827550611/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3r38z22




■英文ビジネスEメールの正しい書き方(実践応用編)
      ↓
(アマゾン) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327430676/horaihonoyomu-22/ref=nosim/
(楽天)   http://tinyurl.com/3tevj3s



上記の資料のうち、「英会話」に関連する資料は、とにかく1週間に1時間は、リスニングと音読を繰り返します。
いや!というほど、リスニングと音読をします。
口にタコができるほど、音読します。



「eメール」の資料はメルマガで配信しています(毎週木曜日)。



●●● 英語のメルマガで使っている教材 ●●●

下記のメルマガに僕のアドレスを登録して、届いたメルマガの内容を取捨選択して、僕が社内の人間に配信しています。(毎週月曜日)



■超おすすめ!!「【MediEigo】​:気楽​に1分〜脳に染み込む​医学論文・頻出単語!」
  ↓
http://medieigo.com/

ここのメルマガは基本用語を使って、英語のセンテンスでどのように難しいことを言えるか、ということを懇切丁寧に教えてくれます。
是非、メルマガに登録することをお勧めします。




■最新文献で学ぶ1日1分:MRのためのメディカル英単語
  ↓
http://www.deepimpact.vc/mm/mrmail.htm?mag2



■英語の問題を毎日1問解こう♪
  ↓
http://archive.mag2.com/0000248238/index.html



■超おすすめ!!「時間のないあなたに!即効TOEIC250点UP」TOEIC対策には欠かせません!
  ↓
http://archive.mag2.com/0000112188/index.html



●●● 業界ニュースの英語版 ●●●

■PHARMA HAPAN
  ↓
http://pj.jiho.jp/servlet/pjh/index.html


以上のようにネットで使える英語のメルマガ、サイトを駆使して、取捨選択しながら毎週月曜日に、僕は社内にメルマガを配信しています。



*****************************************
********   ここから、今日の話題の本論です   ************
*****************************************


GCP運用通知の改訂版が出された。(⇒ http://www.jmacct.med.or.jp/report/files/gcp111024.pdf )



こういう通知類やガイドラインが出ると、決まって、「こんなんじゃ、やっていけない!」という声があがる。

そういう他人を責め、他人に責任を求める「他責」はやめようね。



確かに、いろんな通知やガイドラインの中には現場を混乱させるものもあるけれど、そういう通知類やガイドラインがとても助けになっていることのほうが圧倒的に多い。

「当局の考えをお聞かせください」と言っておきながら、その考えを聞くと「それでは現場はやっていけません」などと言ったりする。これって、おかしくない?



でも、とにかく「基準」がないと、僕たちはやっていけない。

まずは、新しい「やり方」を受け入れてみよう。

そして、それを実践してみる。

その中で、「やっぱり、これでは難しすぎてやれない」と思ったら、改善していけばいい。

とは言っても、そういうことはほとんど無い。

ICG-GCPが導入された時も、様々な批判がでたけれど、なんとか受け入れてやってきた。

その中から、実践してみたら、ここはこうしたらもっといい、ということで、今の運用通知が出てきている、という歴史がある。



他人を責める前に自分なりに工夫してみよう。

なんでもかんでも「お上」に意見を聞かないとやっていけない、という製薬業界の事態・体質をそろそろ止めてほしい。

自律主体的に行動しようよ。


たとえば治験が進まない本当の原因を考えよう。

それは手続き的なことなのか、それとも治験は被験者が入らないと進まないという本質的なことなのか、を考えていこう。

その答えが風の中に舞っていたらいいけれど、そういうこともなさそうなので、自分の頭で考えようね。





■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


■ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径5mから150億光年の出来事)
   ↓
ハードボイルド・ワンダーランド日記



posted by ホーライ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。