2011年08月27日

時には格好悪くうつるけれど、「必死に」なってやっている人は「鮮やか」だ。

治験の活性化5ヵ年計画も終わり、これから「ポスト5ヵ年計画」(「臨床研究・治験活性化に関する検討会」)が始まろうとしている。
     ↓
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/35354.html


これまで実施された「新たな治験活性化5カ年計画」の成果はどうだろう?
     ↓
http://www.jmacct.med.or.jp/plan/plan.html#consideration


反応はひとそれぞれだろうけれどね。

ただ言えることは、いつの時代でも歴史を動かしている人は「必死に」やっている、ということだ。

傍観者や評論家は「どんなことも無視」「なんでも批判する」だけだ。

そして、時代を作っていく人の中には、華やかな舞台で派手に立ちまわる人たちだけではなく、ひたむきに現場で戦っている人たちもいる(あなた、だ)。


必死にやっていると、周囲から「なんであそこまで」と思われることもある。

「なにもあそこまでしなくても」と「格好悪く」映ることもあるだろう。

でも、そういう人たちは「鮮やか」に生きていると思う。

くすんでいない。

よどんでいない。

スカッと生きている。

納得して生きている。



あなたが書類を1枚1枚、確認していて「つまらない」と思っている作業も、それは新薬への道に繋がっている。

だから、必死にやろう。

その新薬を患者は待っている。(しかも、時間がない)

鮮やかに生き抜いていこう。

傍観者としてではなく。

評論家でもなく。

当事者としてね。





■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


■ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径5mから150億光年の出来事)
   ↓
ハードボイルド・ワンダーランド日記



posted by ホーライ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 製薬業界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222562421

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。