2011年07月30日

「こだわり」にこだわって「宇宙をびっくりさせる」

先週、メルマガで紹介した『下町ロケット』 池井戸 潤 (著) 。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093862923/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


さらに、その前に紹介した『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248569/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


上記の2冊に共通するのは、「自分の夢や自分の信念にこだわりにこだわる」ということだ。

『下町ロケット』では、中小企業が品質と開発力にこだわる。

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』では、世界を楽しいものに変えることにこだわる。


製薬業界でも企業の規模にかかわらず、「新薬の開発にこだわる」という会社はある。

創薬ベンチャーがその際たるものだ。

(もちろん、ジェネリックにこだわってもらって、医療費抑制に寄与してもらってもいいのだけど。)


先週も書いたけれど、「あきらめが悪く、こだわる」人のほうが成功しやすい。

と言うか、『成功者』という人は「成功するまで続ける人」。

「成功しなかった人」というのは「失敗したのでやめた人」だ。


ここで言う「成功」は大きなことじゃなくてもいい。


社内で「業務改善」というレベルでも「こだわる」ことが大事だ。

「トヨタ」では「何秒短縮できたか」「何円コストダウンしたか」「なぜを5回繰り返せ」というぐらい、こだわる。


逆に「手抜き」だな、と思う製品やサービス、会社もある。

そりゃ、手を抜いたほうが楽だ。

だけど、それじゃ、魂が光らない。

医療業界では手を抜いたら、生死にかかわる。



薬の開発でいうなら、まず「リード化合物」ができる。

その上で、少しでも効果が高いもの、副作用が少ないもの、体内移行に優れたものになるように、ありとあらゆるモディファイをする。

その数は数百にもなる。


メバロチンの開発では三共は微生物やカビ約6400株を調べ、73年に青カビの一種から、血液中のコレステロールを劇的に下げる物質「ML-236B」(コンパクチン)を発見したことが、のちの「メバロチン」につながる。


シスプラチンは、1845年に錯体の研究材料として合成された。

1965年、B.Rosenbergらは、電場の細菌に対する影響を調べている時に、偶然プラチナ電極の分解産物が大腸菌の増殖を抑制し、フィラメントを形成させるのを発見した。

その後、1969年には、大腸菌に対する細胞分裂阻止作用を応用し、癌細胞の分裂抑制に対する研究が行われ、動物腫瘍において比較的広い抗腫瘍スペクトルを有する化合物であることが判明した。

1972年にはアメリカ国立癌研究所(NCI)の指導で臨床試験が開始されたが、強い腎毒性のため、いったんは開発が中断された。

しかし、その後シスプラチン投与時に大量の水分負荷と、さらに利尿薬を使用することによって腎障害を軽減することが可能となった。

その後の臨床開発により、1978年にカナダ、アメリカ等で承認され、1983年に日本で承認された。

シスプラチンが合成されてから、実に138年目に日本では抗がん剤として承認されたわけだ。

科学者という人種は本当に「諦めが悪い」人なのだ!


1つの薬の開発を見ただけでも、こだわりにこだわることが必要だということが分かる。


治験の世界でも、モニタリング方法、SDV方法、教育・研修方法、QC方法、QA方法・・・・・・こだわる所はいくらでもある。

「今まで、こうやってきたから今後も、同様に行う」というのだけではつまらない。

「今まで、こうやってきたけれど今後は、こうしよう!」ということだってあっていいわけだ。


そのSDV方法、このままでいいですか?

そのQC方法、ちょっと変えてみませんか?


みんなで『宇宙をびっくりさせる』ほどのことをやってみようよ。



■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


■ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径5mから150億光年の出来事)
   ↓
ハードボイルド・ワンダーランド日記




資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンにほんブログ村 病気ブログ 治験へ





posted by ホーライ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。