2011年07月09日

CROで働くメリット。CROで働く意義。 CROへの誘い。

CROで働くメリット、魅力って何だろう?

と、自分がCROで働き始めて、初めて考えた。

製薬会社にいた頃には考えたこともなかった。

で、そのCROで働く意義・メリット・楽しみは、たとえば、以下のことが考えられる。



◆◆◆いろんな新薬の開発に携われる

製薬会社は多かれ少なかれ、「得意分野」がある。

中にはたとえば「眼下領域」や「皮膚科領域」や「外用剤」に特化した製薬会社もある。

あるいは「中枢系に強い」とか「がん領域に強い」とか。

その点、CROで働いていると、いろんな製薬会社から治験の仕事を受託するので、様々な領域の新薬開発に関係できる。

去年は点眼剤を開発していたかと思うと、今年は抗がん剤で、来年はアルツハイマーとか。




◆◆◆新薬開発に成功する確率が高くなる

たとえばA社もB社もC社も3年に1個の新薬を出したとしよう。

するとA社のモニターは新薬を出したら、次は3年後を期待するしかない。

ところが、A社からもB社、C社からも治験を受託しているCROで働いていたら、3年連続で新薬の上梓に関係できる(タイミング良ければ)。

さらに、モニターが治験に係わっている期間が長い(多く)なる。

どういうことかと言うと、上記の例で分かるように、製薬会社では1つの治験を担当していたら、その治験が終わったら、次の治験に自分がアサインされるまで半年とか下手すると1年も「端境期(なんの治験も担当していない暇な時間)がある。

何故かというと、製薬会社は、そんなにいつも新薬の治験をやっているわけではないからだ。

これは2,3か月なら「ちょっとリフレッシュ!」というのでいいけれど、それが半年とか1年も治験にアサインされないと意外と「辛い」。

仕事が無いのに、給料が貰えるならいいじゃない? と思うかもしれないけれど、そう単純な話ではない。

「今日は何をやろうかな?」と毎朝、思うと気が重くなる。

周囲から、「あいつは何も(治験)をやっていないので、給料を貰っている!」と思われていないか、などというあたりも気になる。

こういう時期にたとえば、会社がプロジェクトチームを立ち上げてくれて、「業務の効率化」を考えて、などと仕事を作ってやればいいのだけれど、そういう会社は少ない。

その点、CROは、いろんな製薬会社から治験を受託するので、「端境期(暇な時期)」が短くてすむ。

とは言っても、それはCROの営業成績にもよるんだけれど、それでも製薬会社のモニターが「暇をもてあそぶ」時間は短くてすむ。






◆◆◆いろんなプロトコルを見ることができる

これが意外と面白い。

プロトコルの作り方というのも、会社ごとに違ってくる。

さらにモニタリングに関するポリシーも違ってくる。

大袈裟に言うと、その中に新薬の開発戦略を垣間見ることもできる。

1字1句間違わないSDVを要求してくる会社やALCOAとプロセス管理を重視して、その結果、サンプリングSDVでいいという会社もある。

SOPに対する考え方も違うし、モニタリング報告書に対する見方も違う。

保守的な会社もあるしラジカルな会社もある。

CROで働いていると両方を味わえる。





◆◆◆歴史が浅いので確固たる組織ではない

CRO業界そのものがまだ日本では10年程度の歴史しかないので、どこのCROでも組織が若い。

組織が若いと、自分の意見が組織に反映されやすい。

そうなると「仕事に働き甲斐を感じやすい」となる。


大企業だと歯車の1つとしか感じられないこともある。

大企業には大企業なりの面白さがあると思うけれど(確かに僕もそれを感じていた)、中小企業には中小企業なりの面白さがある(と今は感じている)。

とは言ってもCROにも色々あり、大手と言われているCROもあり、外資系のCROもあるけれど、概ね、社員は若い。



かつては「製薬業界」で働くと言えば、それは「製薬会社」で働くことを意味していたけれど、今ではCROも(SMOも)選択肢になってきた。

それも「製薬会社」に合格しなかったから「CRO」に就職した、という時代から、初めから「CRO」で働きたい、という時代になってきた。


まぁ、製薬会社で働くにしろ、CROで働くにしろ、SMOで働くにしろ、調剤薬局で働くにしろ、自分で「楽しもう!」と思わないと楽しめないんだけどね。




■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


■ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径5mから150億光年の出来事)
   ↓
ハードボイルド・ワンダーランド日記




資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタンにほんブログ村 病気ブログ 治験へ


posted by ホーライ at 05:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 製薬業界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな暇なメーカーにいたんですね。羨ましいです。
Posted by at 2017年07月02日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。