2013年08月31日

最近の「大人の自由研究」

この週末で小学生等も夏休みは終わり。

夏休みと言えば、あなたの頃は「自由研究」という宿題ありましたか?

僕の頃はこの自由研究の宿題がった。

何、やったかなぁ〜?

「カビの発生」「押し花」「天体観測」「雲の観測」「朝顔の観察日記」など等。

最近の僕の自由研究は「部屋のエントロピー増大」についてだ。


今朝、NHKのEテレ(教育テレビ)で「しぞんとあそぼ」という番組をぼんやり見ていたら「くらげ」について放送していた。

「くらげ」って、不思議な生物だよね。(不思議でない生物なんていないけれど。)

「くらげ」は何を考えて生きているんだろう?

どうして、「くらげ」はあんなに多種多様な形と色をしているんだろう?

どういう理屈で「くらげ」は思い出したように体を屈伸して泳ぐんだろう?

と、「不思議」がいっぱいだ。

考え出したら「くらげ」の自由研究だけで「一生」終わってしまいそうだ。

「くらげ」が何故、発光するか、でノーベル賞がもらえるぐらいだ。


さて、最近の「大人の自由研究」で僕が興味を持ったのは「ジョン・レノン」の「クローン」を誕生させよう、というものだ。
    ↓
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130824/trd13082412060010-n1.htm


ジョン・レノンのクローンが生まれたら「オリジナル」のジョンと同じように音楽の才能を開花させるだろうか?

そのためには、きっと、ポール・マッカートニーのクローンも必要だろうな。

ところで、僕の従兄弟に「一卵性双生児」の男性がいる。

外見は「うりふたつ」だけど、性格は、片方は「外交的」でもう一方は「内向的」で対照的だ。

だから、会話をする直前までは「あれ?どっちだ?」と思ってしまうけれど話始めると、「あぁ、●●君のほうだ」とすぐに分かる。

クローンでもきっと性格はオリジナルと違ってくるんだろうなぁ。

才能となれば、なおさらだ。

ジョン・レノンのクローンは「絵画」に才能を発揮するかもしれない。


100年前なら、クローンなんて魔法だっただろうけれど、今では「法律で禁止」しないといけないぐらい、現実的だ。

魔法と科学は紙一重。



さて、ほかにも気になる最近の大人の自由研究では、「ネット依存症の子どもが増えている」ということ。
  ↓
http://angels-eyes.com/index.htm


実は、僕はネットからどんどん離れている。

スマホもほとんど使っていない。(災害緊急エリア情報と、家族とのラインぐらい。)

ネット依存症は大人でも深刻だ。

朝の通勤時間に駅のプラットホームを見ると、みんな、うつむいてスマホを見ている(操作している)。

あなたは、スマホを家に忘れると不安ですか?

僕の子どもの頃の子どもの依存症としてはまず、「マンガ」があった。

「漫画を読むとバカになる。」と真剣に討論された。

今ではアニメは「文化」であり、日本の重要な「輸出産業」だ。

「テレビ依存症」と言う問題もあったし、「TVゲーム依存症」というのもあった。

時代とともに依存症が変化する。


今週、最後の気になる大人の自由研究は「地球の生命誕生は火星の隕石きっかけか」。
   ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130830-00000007-jij_afp-sctch


僕たちは「地球人」の前に「火星人」かもしれないね。

この火星人は極めて「好戦的」だ。


さ、自由研究を終わらせよう。

2学期も楽しもうね。



●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/
posted by ホーライ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

治験の限界について考える

今年の夏の猛暑はしんどかった。(まだ、夏は終わっておらず、「猛暑日」は続くようだけれど。)

「ゲリラ豪雨」という言葉もいつのまにか定着するほど天候も荒れた。(今日、明日と西日本では「記録的な豪雨」のようです。ご注意のほどを。身の安全を第一にね。)

気象庁では8月30日から「特別警報」という言葉も使うということだ。
  ↓
http://www.jma.go.jp/jma/press/1308/23a/tokukei-event.html

とは言っても、地球の歴史から考えると気候変動や地殻変動なんて、「常態」であって、「予測できない、想定外の災害」」とか「今年は世界中で異常気象が発生して、地球はどうかしたんじゃないでしょうかと思ってしまいます」と日曜日の朝8時から関口さんがTBSテレビで言っているけれど、それも地球にとっては些細なこと。



科学の力はこの100年で(人類の眼で見ると)飛躍的に発展した。

医学の力も、(まだまだだけど)かなり頑張っている。

でも、科学なんて(医学も含めて)「極めてシンプルにモデル化」した特殊な事例でしか通用しない「法則」を見出しているにすぎない。

よくぞ、この程度の科学で宇宙に飛び出したり、列車を200Kmの速度で走らせたりしているものだ、と僕は思ったりしている(もちろん、その恩恵を僕も預かっているのですが)。


治験も「選択基準」とか「除外基準」をたくさん設けて、とても実際の臨床の現場ではあり得ない「限定された」患者さんだけを対象にしていて、これでひとたび世の中に出たら、様々な、それこそ、想定外の患者さんにも投与されてしまうのだから怖いと言えば恐ろしく怖い。

僕たちが関わっている治験は「極めて限定された」環境で行われていることを意識しておこう。

治験は「試験」なのだ。

「試験」だから、背景を統一しなければならないし、手技も統一しなければならない、という呪縛に縛られている。

そのためにプロトコルがあるし、モニターもCRCも存在意義がある。

不自由だけど仕方がない。

これが今のところ人類の科学の限界なのだから。



「限界を感じる」という感覚は人間だけのものだろう。

そして、その限界を広げるという魅力を知っているのも人類だけのものだろう(それとも、これもまた人類の奢り?)


猛暑に打ちのめされ、ゲリラ豪雨に濡れながら、僕は治験の限界について考えている。


きっと、その答えにも僕は打つのめされることだろう。



●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/
posted by ホーライ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

9月15日と16日は何をしていますか?

「第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2013 IN 舞浜」のプログラム・抄録集が「ホーライ製薬社長 ホーライ」の自宅に届いた。

ひょうんなことから僕がこの会議でお話をすることになったからだ。
    ↓
http://www.crc2013.com/programs.html#prg00
    ↓
2013年9月16日 12:00〜12:40 「セミナー6:仕事を楽しくこなして『スーパービジネスパーソン』になるコツ」です。


まぁ、もともと、今年はこの「CRCと臨床試験のあり方を考える会議」に行って、勉強しようかなと思っていたんですけれどね。

僕がこの「あり方会議」に行ったのは第2回と第3回の時だったと思う。

もう記憶も定かではありませんが、その当時の「あり方会議」では「CRCの仕事としてどんなことが可能か?」とか「同意取得にCRCはどう絡むのがベストか」等のようなプリミティブな話題が多かったと思う。

ところが!!!

昨日、送られてきて抄録集を見て、びっくり!

その充実ぶりとカバーしている範囲が飛躍的に(想像以上に)多くなっている。(そりゃそうだ。僕には10年ぶりなのだから。)


たとえば、シンポジウム(教育講演含む)には次のようなものが予定されている。
    ↓
http://www.crc2013.com/programs.html
    ↓
●1日目 2013年9月15日(SUN)

★倫理審査委員会の質について考える

★そろそろ本気で取り組もう!「治験関連文書の電子化」〜セキュリティ、電子保管、書類授受をテーマに〜

★希少・難治性疾患および小児疾患の治験・臨床研究の推進に向けて

★これからのモニタリングについて考えよう!

★臨床試験に患者さんは何を期待しているのか

★同意取得、同意撤回等に対する考え方

★治験をめぐる「こまった」を解決しよう!



●2日目 2013年9月16日(MON・HOLIDAY)

★臨床研究・治験活性化5か年計画2012の実現に向けて

★新たな価値が創出できる仕組み作りをめざして

★臨床研究・治験に携わるスタッフの人材育成とその確保に向けて

★海外規制当局による日本の医療機関への査察の動向

★CRCやCRAが治験担当医師と良好な関係を築くために

★新時代の治験薬マネジメント

★治験で得られる安全性情報の限界。製造販売後の医薬品安全性対策を考える

★日本の国際競争力を高めるためにできること

★治験における有害事象の取り上げ方と評価について



ね? 凄いでしょ?

同じ時間帯に聴きたいプログラムがあると、どっちにしようかなぁ、と迷うほどだ。

それにカバーしている範囲が広い。

上記のシンポジウムの他に、「お昼時セミナー」として次のものが予定されています。


●1日目 2013年9月15日 12:00〜12:40 第1〜3会場

★セミナー1:治験促進センターが公開する治験業務支援システム−カット・ドゥ・スクエア−

★セミナー2:企業と人〜ファイザーの人財育成制度について〜

★セミナー3:臨床開発のグローバル化 −日本はかわいそうな国か



●2日目 2013年9月16日 12:00〜12:40 第1〜3会場

★セミナー4:プラセボについて考える

★セミナー5:グローバルの監査事例を交えたQuality Management の考え方について

★セミナー6:仕事を楽しくこなして『スーパービジネスパーソン』になるコツ(これが僕の担当です。)


僕のセミナーは別として、興味がソソラレルよね。


ちなみに、今回の抄録は電子版も手に入る。(ただし、「あり方会議」申し込み者にだけ送られるてくるIDとパスワードが必要ですが。)
    ↓
http://www.crc2013.com/pdf/No13_Shouroku.pdf (IDとパスワードが必要)


さて、この抄録集にはポスターセッションで発表される内容も概要が記載されている。

このポスターセッションには233の演題が発表される。(ふ〜〜む、凄いなぁ、というのが素直な感想です。)

内容も大きく分けて以下の12のカテゴリーになっている。

1 . 治験審査委員会、倫理審査委員会(事務局業務を含む)

2 . 医療機関内・ネットワーク等の体制整備

3 . 院内調整・チーム医療

4 . 国際共同治験

5 . 専門領域(がん、小児、精神、救急など)

6 . CRC 業務の工夫

7 . 被験者対応

8 . CRC・CRA および医療スタッフの教育体制

9 . 臨床データの品質管理

10. 治験・臨床試験の啓発活動

11. 研究者主導臨床研究・トランスレーショナルリサーチ

12. その他


上記のカテゴリーのほかに、僕の目に止まったのは「3.11」以降の「緊急時の対応」とか「災害時マニュアル」とか「大規模災害」などのキーワードだ。

他にも「精度管理」や「リモートSDV」「ファーストインヒューマン」等と言う最新のキーワードも見られる。

ちなみに抄録集のPDFを「国際共同治験」のキーワードで検索すると104件がヒットする(これはあくまでも抄録集全部を検索しているので、この数の演題があるわけではない。1つの演題に2度出てくることもある。)

「ALCOA」を検索すると63件がヒットする。

昔ながらの「治験の啓発」に関する演題もいくつかある。

製薬協や日本QA研究会の方からの発表もありますね。




いやいや、楽しみだ。

僕も若い頃は臨床薬理学会や「新薬審査部門定期説明会」等のような外部の研修、セミナーに積極的に参加していたのですが、最近はもう若い人にそれを譲り、参加者からの「報告書」を読むだけにしていました。

若い優秀な人がこれらの学会やセミナーに参加して書く「報告書」は下手に僕が直に参加するよりも鋭い視点で切り取った報告書を書いてくれるので、自分が参加するよりもはるかに効率的というのはあります。

でも、やっぱり、より詳しく質問したいな、という時はやっぱり、自分が出て行かないとね。

「肌で感じる」というのは思っている以上に大事だ。

「あり方会議」等のセミナーに参加して、「その時代を感じる」というのは、僕のような中年のおじさんにはおっくうだけど、それをさぼると一気に「老けます」からね。

時代に流されてもいけないけれど、時代とずれたことをこのブログで書くのもなんだし、僕のリアルの仕事である「教育・研修」にも支障が出る。

・・・・・・ということで、9月15日、16日が俄然、楽しみになってきたのでした。



●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/
posted by ホーライ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

戦争を知らない子どもたちの子どもたちの子どもたちよ

僕らは「戦争を知らない子どもたち」だ。

この秋に結婚する僕の長女たちは「戦争を知らない子どもたちの子どもたち」。

そして、もし僕に孫ができたら(僕らの世代にはもう孫が何人かいる人もいる)、彼ら・彼女らは「戦争を知らない子どもたちの子どもたちの子どもたち」だ。


今年も8月がやってきた。

今年の8月は猛暑と「かつてないほどの豪雨」で日本が荒れ狂っている。

福島の原発事故の終わりは見えず、避難民の皆さんは帰るあてがない。


世界には地球上の人類すべてを何回も全滅させることができるほど、「たっぷり」と原爆を存在している。

まるで狂気の世界に舞い込んでくる戦争を知らない子どもたちの三代目はどうやって生き残ったらいいのか、途方に暮れることだろう。


僕たちの仕事の治験は科学の一端を担っているが、科学は人類を救うこと以上に傷つけることができる能力を持っている。

その能力をコントロールできるのは科学を発展させた人類そのものだけだ。


運を天にまかすことしかできないような世界になるのだろうか?

そうさせてはいけない。

そのために、まず隣人を愛すことだ。

隣人はその隣人を愛す(せめて傷つけない)。


5年ぶりに復活した「サザンオールスターズ」は「ピースとハイライト」というメッセージソングをひっさげて僕たちの目の前にやってきた。

(幸いなことにこの曲はオリコンの上位にある。)


今年も8月がやってきた。

でも、来年も8月がやってくるかは分からない。

戦争を知らない子どもたちの三代目は何を見上げているだろう?(青い空か? 放射能の雲か?)

地球の上に人類は存在しているだろうか?


戦争を知らない子どもたちの子どもたちの子どもたちよ。

それは、あなたたちにかかっている。




●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

posted by ホーライ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

まず、鎧を脱ぐ。

生きていく上で何よりも大切なことは?

生きていく上で何よりも大事なことは自然に「自分らしく」生きること。

あなたは自然にふるまっていますか?

「え?当然でしょ?!」と思われている方も多いでしょうが、実は、僕は若い頃、「いい子」でいたかったので自分らしく振る舞うことができませんでした。



ところで、「ジョハリの窓」という言葉を聞いたことがありますか?
   ↓
ウィキペディアより
   ↓
■■■■■■■■■■■■■■■■■

1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。

■■■■■■■■■■■■■■■■■


「ジョハリの窓」の図と解説はこちらをご参照ください。
   ↓
http://newhabits.blog33.fc2.com/blog-entry-211.html


このジョハリの窓の「開放の窓」を広げるためには、何よりもオープンな気持ちと態度でいること。



無理して「いい子」でいると疲れるんですよね。

「それって、大人の態度じゃないでしょ?」と言われればそれまでなのですが、でも、自分らしさを殺してまで生きている意味が分かりません。


会社を辞める人の理由の上位には必ず「人間関係」というのがあります。

「人間関係」で苦しむ原因にあるのが「誰からも好かれたい」ということ。


大事なことは「愛される人」になることではなく自分が「愛したい人」になることだと思います。

(公園のベンチは「万人に合せる」ためにデザインされているため、結局、逆に「万人にとって座りにくい」デザインになっている。)


「いい子」だった僕は、ある日、(何が原因だったのか忘れましたが)、ふと、肩の力が抜けて、自分を繕うことが無くなりました。

それ以来、「いい呼吸」をしています。


まず、鎧を脱ぐ。

そこから始めましょう。




●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●● TOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法、TOEICのサイト ●●●●
     ↓
https://sites.google.com/site/toeichorai01/total2


●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/


posted by ホーライ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。